最近の記事

2012年02月05日

猫とRolly(SONY) 動画

SONY のサウンドエンターテインメントプレーヤーのRollyとアメリカンショートヘアーの猫が 遊んでいます
ソニー サウンドエンターテインメントプレーヤー「Rolly」2GB ピンク SEP-50BT-Pソニー サウンドエンターテインメントプレーヤー「Rolly」2GB ピンク SEP-50BT-P
()
不明

商品詳細を見る
ソニー サウンドエンターテインメントプレーヤー「Rolly」2GB ホワイト SEP-50BT-Wソニー サウンドエンターテインメントプレーヤー「Rolly」2GB ホワイト SEP-50BT-W
()
不明

商品詳細を見る
動物 面白動画ファン
posted by ヤマト at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイリッシュ・セター 犬図鑑 動画

アイリッシュ・セッター (Irish setter)は犬の品種の一つ。レッド・セッターとも呼ばれ、猟犬に分類される。原産地・アイルランドの言葉であるゲール語では Modder rhu とも呼ばれる。ジャパンケネルクラブ(JKC)の表記では「アイリッシュ・セター」。 歴史 この種は1700年代にアイルランドで発展した。 初期のアイリッシュセッターの毛色は、赤にところどころ白が混ざっており、アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セッターに近い犬種であった。 外見 体型 大型犬 体高 64〜69cm 体重 27〜 性質 精神的にも身体的にも成犬になるのが比較的遅い。 セッター系の中でも特に走るのが速い。 陽気な性格で聡明であり悪戯好きである。 人間や他の犬に対して友好的である。 スポーツやアウトドアが大好き。 飼育上の注意 激しい狩猟に耐えうる体力とスピードを持ち合わせている犬種である。 飼い主は日常の散歩以外にもかなりの運動をさせる必要がある。 たれ耳のため、外耳炎に注意。
犬の本音がこんなにわかる! (GEIBUN MOOKS (No.644)犬の本音がこんなにわかる! (GEIBUN MOOKS (No.644)
(2009/03/26)
鳴海 治

商品詳細を見る
犬たちのネバーエンディング・ストーリー―ペットと人の不思議な感動物語犬たちのネバーエンディング・ストーリー―ペットと人の不思議な感動物語
(2006/03)
小原田 泰久

商品詳細を見る
動物 面白動画ファン
posted by ヤマト at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイリッシュ・ウルフハウンド 犬図鑑 動画

アイリッシュ・ウルフハウンド (英Irish wolfhound)はアイルランド原産で、全犬種中最大の体高を持つ犬である。サイトハウンドに分類される。 歴史 大型の犬であるアイリッシュ・ウルフハウンドは、紀元前14世紀から15世紀年頃までにギリシャからアイルランドへ渡ってきたと考えられ、アイルランドでさらに大型化した。威風堂々とした姿はローマへ贈り物として献上されたほどであった。 外見 体型 大型犬 体高 76〜86cm 体重 48〜55kg 性質 アイリッシュ・ウルフハウンドは、大きな体ながら穏やかで優しい犬種として人々から愛されています。超大型犬ですが、子供や他のペット、さらには他の犬とも仲よく過ごすことができます。状況判断が的確にできるおおらかで理知的な犬で、常に控えめで従順です。 飼育上の注意 アイリッシュ・ウルフハウンドには毎日の十分な運動が何よりも一番大切になります。屋敷森のような広大な庭園が無い日本の住宅地では、特に散歩を兼ねた運動が必要不可欠になってきます。それでも、屋内には大きな体をのびのびと伸ばしてゆったりとくつろげる十分なスペースと、柔らかい寝床を用意し、窮屈な思いをさせないように配慮してあげることが大切です。被毛は週に1〜2回のブラッシングやコーミングをし、時々まとまりのない毛を切ったり、年に2回ぐらいは抜け毛を取り除いてあげることも必要です。 動物 面白動画ファン
posted by ヤマト at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイリッシュ・テリア 犬図鑑 動画

アイリッシュ・テリア はアイルランド原産のテリア犬。 歴史 アイリッシュ・テリアの存在はアイルランドでは1700年頃から知られていました。テリアの中でも最も古くから存在する犬種のひとつです。 身分の貴賎を問わずアイルランドの人々に愛され、多くは農場で番犬・牧羊犬として活躍した。 外見 体型 中型犬 体高 46〜48cm 体重 11〜12kg 性質 飼い主に忠実で非常に穏やか、機敏性にもすぐれた犬種です。少々気が強く、闘争心が強いので、本来の能力を最大限活かすためにも、相当の運動量が必要となってきます。警戒心が強い面がありますので、なかなか初対面の人や動物になじめない傾向もありますが、飼い主との間にはそのようなことはなく、言い関係が築けるでしょう。 飼育上の注意 タフな精神と肉体を持ち合わせているアイリッシュ・テリアには、毎日、十分に散歩をさせたり、一緒にジョギングをしたりするとよいでしょう。さらに、精力的な運動となる遊びを取り入れてあげれば理想的です。粗いワイヤーコートの被毛には、1週間に1〜2回はコーミングをし、年に2〜4回はトリミングをしてあげましょう。 動物 面白動画ファン
posted by ヤマト at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア 犬図鑑 動画

ソフトコーテッド・ウィートン・テリア は、アイルランド原産のテリア種の犬。 ジャパンケネルクラブに登録されている正式名称はアイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリアである(Irish Soft-Coated Wheaten Terrier)。愛称はウィートン。被毛のバリエーションとして、トラディショナル・アイリッシュ、ヘビー・アイリッシュ、イングリッシュ、アメリカンがある。 歴史 家畜の見張り、ガード、害獣の駆除など、様々な用途に使える犬としてアイルランドの農場で繁殖されていた。これが小動物の狩猟犬だった他のテリアと違い、ウィートンが攻撃的ではないと言われる理由であろう。ケリー・ブルー・テリアとも関係があるとされている。 長い歴史を持っていたにもかかわらず、ウィートンは1937年までアイリッシュケネルクラブに公認されず、イングランドのケネルクラブにも1941年まで公認されなかった。1973年にアメリカンケネルクラブに公認された。 外見 体型 中型犬 体高 46〜48cm 体重 18〜21kg 性質 勇敢ながらアイルランドのテリアの中では穏やかな性格を持ち、とても利口。動くことが好きで、飼い主と一緒にいることが大好きです。愛情深い性格ですので、家族とうまくやっていくことができる犬種でしょう。 日常の飼育上の注意 かなりの運動量を必要としますから、毎日長い時間をかけてたっぷり散歩するのが最適です。こうした散歩を通して、心身の健全な健康状態が保たれ、飼い主と犬との親近感を高めることができます。被毛は定期的にトリミングをしますが、自然なままのスタイルも好まれる犬です。小麦色の色調の柔らかくウェービーなシングルコート。おしゃれな家庭犬としてアメリカでは根強い人気があります。 動物 面白動画ファン
posted by ヤマト at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田犬 犬図鑑 動画

秋田犬 (あきたいぬ)は、日本犬の犬種の1つ。 発祥地の秋田県以外では「あきたけん」と呼ぶ人が多いが、正式名称は「あきたいぬ」である。 歴史 秋田犬は、国の天然記念物に指定されている6つの日本犬種のうちで唯一の大型犬種である。その歴史は意外に浅く、品種として確立されてから、まだ100年程しか経ていない。 外見 体型 大型犬 体高 61〜67cm 体重 35〜50kg 性質 忠義や忠誠といったらこの犬種名があがるほど、この犬種の義理がたい一面は公認されています。飼い主のために働き、飼い主の家族を守り、飼い主のために全力で尽くそうとします。ただ、その反面、見知らぬ人に対しては警戒心がつよい傾向にありますので、この犬種を飼うにはある程度の適性が必要となってきます。 飼育上の注意 秋田犬は、毎日知的な活動と肉体的な運動の両方を必要とします。安全な場所で自由に走らせたり、リードをつけて長いジョギングを取り入れたりするとよいでしょう。こういった十分な運動をさせてしつけをすれば、この犬はもの静かで行儀のよい番犬になります。運動はとても重要で、太い引き網で毎日1時間以上の引き運動をするとよいでしょう。 動物 面白動画ファン
posted by ヤマト at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカン・アキタ 犬図鑑 動画

アメリカン・アキタ は、犬の品種の1つ。 概要 第二次世界大戦後、日本に進駐した連合国の占領軍の一部であるアメリカ軍の軍人たちが飼い、後にアメリカへ連れ帰った秋田犬が、本犬種のルーツである。当初は単に「アキタ」と呼ばれ、後に日本の秋田犬との異同が明らかになると、これと区別して「アメリカン・アキタ」と呼ばれるようになった。 歴史 戦中戦後の極度の食糧不足のため、また、戦時中は軍用犬となるジャーマン・シェパード・ドッグ以外の犬種の飼育が事実上禁止されているに近い状態だったこともあり、終戦直後の時点では、純粋な秋田犬は非常に希少であり、わずか十数頭しか生存していなかった。 ところが、戦前にヘレン・ケラー女史に贈られた秋田犬のニュースが広まったことや、秋田犬が日本犬中で唯一の大型犬種であったこともあり、GHQのアメリカ人兵の間で、秋田犬が意外な人気を呼んだ。 アメリカでは、1956年に、アキタ・クラブ・オブ・アメリカが設立され、1972年10月には、アメリカン・ケネル・クラブ(AKC)の犬籍簿への登録と、ショーへの出陳が許可された。このころはまだ、AKC と JKC との間に、血統証書の相互承認がなされていなかったため、日本からの新しい血液の交流が図られることはなく、アメリカでは1955年ごろのままの犬質、タイプのまま固定化され、独自のタイプとなった。これが現在のアメリカン・アキタである。 動物 面白動画ファン
posted by ヤマト at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフガン・ハウンド 犬図鑑 動画

アフガン・ハウンド は、アフガニスタン原産の長毛サイト・ハウンド(視覚型狩猟犬)。 歴史 紀元前4000年頃シナイ半島に存在していたといわれている。中東の古代犬種であるサルーキーが入ってきて、土着の犬種と交雑したのが始まりだとされている。砂漠の夜の厳しい寒さに耐えるためにコートが発達し、走る際重くならないように軽く変化した。 文献には18世紀に登場し、ガゼル猟の姿が描かれている。 母国では山地でウサギやガゼル、ヒョウを単独で狩っていた他、家畜を外敵から守る番犬としても活躍していた。 近年アフガニスタンでは内乱が多いため、アフガニスタン内では数が減りつつある。 アフガン・ハウンドは外見が美しいため、ショードックとしても活躍するようになった。そのためにショードックとして改良されたものと、元から狩猟・番犬用として用いられてきたものの2つのタイプが存在する。 外見 体型 大型犬 体高 64〜74cm 体重 23〜27kg 性質 マイペースで、あまり周囲のことを気にしません。室内でおとなしくしていても、ひとたび外に出ると小動物や猫などを追いかけまわし飼い主を驚かせることもしばしばです。子供などに対しては柔軟に対応することができるのですが、一緒に遊んだりはあまりしません。どちらかというと見守るタイプですが、活発な面もあるので、タイミングがあったときは最高の遊び相手になってくれることでしょう。 飼育上の注意 運動や走ることが好きなこの犬種は、朝晩1〜2時間は、屋外でスピードのある運動をさせることが必要。飼育には多くの運動と、しっかりとしたしつけがなければ、初心者には飼育の難しい犬種である。 動物 面白動画ファン
posted by ヤマト at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アザワク 犬図鑑 動画

アザワク (英:Azawakh)とは、 マリ共和国原産のサイトハウンド犬種である。もともとはマリ共和国に住んでいるトゥアレグ族のみが飼育していた特別な犬種である。 歴史 何千年も前にトゥアレグ族が生み出した犬種で、作出にどの犬種が使われたかはよく分かっていない。トゥアレグ族はアザワクを家族の一員として大切に扱い、食事を共にしたり寝床を共有していて、現在も人間と同じ待遇をうけて生活している。 自他共に認める優秀な体力を持つ犬種ではあるが、アザワクはそれゆえにトゥアレグ族の宝であり、家族でもあるため他の地域へは一切出されることはなかった。しかし、1970年代にトゥアレグ族を襲う凶暴な雄のアフリカゾウを旧ユーゴスラビアの医師が倒して人命を救った事により、お礼として数頭のアザワクが贈られた。この犬をユーゴスラビアに持ち帰って繁殖を行い、これの子孫が世界各地に広まっていった。その後、1981年にアザワクはFCIに公認された。 外見 体型 大型犬 体高58〜74cm 体重17〜25kg 性質 性格はプライドが高く、クールで束縛を嫌う。また、アザワク同士若しくはサイトハウンド同士で集まると優位に立とうとしてケンカを始めてしまう場合がある。暑さにとても強く、すさまじい体力を持ちながら走るスピードも速く、ドッグレースに出場した際の最高時速記録は160kmにものぼる。 飼育上の注意 暑さには強いが寒さには弱いため、冬季の散歩時には洋服を着せる必要がある。とても丈夫でコートの手入れも楽だが、非常に多い運動量を消費させる事と諸トラブル回避のための訓練が必要なため、初心者には飼育できない犬種である。 動物 面白動画ファン
posted by ヤマト at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカン・コッカー・スパニエル 犬図鑑 動画

アメリカン・コッカー・スパニエル (American Cocker Spaniel) は、犬の品種(犬種)の一つ。単に「コッカー・スパニエル」と呼ばれることも多い。 歴史 アメリカ合衆国内で発展したこの犬は、もともとイギリスから輸入されたスペインの猟犬であるスパニエルにはじまる。名前の「コッカー (cocker) 」は、もともとヤマシギ (woodcock) を狩っていたことに由来する。1620年、メイフラワー号で最初の移民とともにやって来た2頭の犬のうちの1頭がコッカースパニエルだったと言われている。 外見 体型 中型犬 体高 36〜38cm 体重 11〜13kg 性質 明るく楽しい性格。もともとが鳥猟犬だった名残か、活発で遊び好きである。主人にも忠実。また、食いしん坊と呼べるほど食べ物に大変敏感でもある。 飼育上の注意 猟犬の中では最も小型で可愛い犬。短くしっかりした胴体は胸深があり、背中は肩甲部より腰にかけてまっすぐに傾斜しています。頭部には明瞭なストップがあり、広くなっています。口吻は四角ばっていて、長く垂れ下がった耳は低い位置について、尾は断尾します。絹状のコートはまっすぐか、ややウェーブしています。耳のコートは豊富で、胸、腹部、四肢にもふさふさとしたコートがあります。大胆な反面、注意力や観察力も高く、覚えも早いので訓練やしつけはしやすい犬です。 動物 面白動画ファン
posted by ヤマト at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。